« 厚労省の「安心生活創造事業」・・・興味深いです | トップページ | プロセスコンサルティングの研修 »

環境パートナーシップの拠点運営に関わる評議員会がありました

環境省が全国に設置しているEPO。今年度から東北EPOの評議員をさせていただくことになった。
EPOの設置目的は、
環境パートナーシップを支援する拠点となること。東北地方環境事務所(環境省)と財団法人みやぎ・環境とくらし・ネットワーク(MELON)が協働して運営している。
http://www.epo-tohoku.jp/

言葉としては、協働・パートナーシップは当たり前になりつつあるが、実態を提示し、さらに促進されるためには、まだまだ工夫が必要だ。

評議員として見守り・発信していきたいな!


 

« 厚労省の「安心生活創造事業」・・・興味深いです | トップページ | プロセスコンサルティングの研修 »

地域・社会・NPO」カテゴリの記事

食・環境・農」カテゴリの記事

コメント

東北EPOの評議員になられたのですか。仙台にいた頃に東北版EPOについて要望していた頃が懐かしい!活躍を期待しております。

としさん、おひさしぶりです。そうなのですよ、EPOを作る前の議論から関わっているので、感慨深いですよね~。いろんな方がかかわり、どういい機能を発揮できるか、応援してくださいね~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509837/49377578

この記事へのトラックバック一覧です: 環境パートナーシップの拠点運営に関わる評議員会がありました:

« 厚労省の「安心生活創造事業」・・・興味深いです | トップページ | プロセスコンサルティングの研修 »