文化・芸術

在仙著者です「恐竜山が動き出した」

知人が本を自費出版しました。早速、仙台駅前の丸善で購入。

< 恐竜山が動き出した!! 著者 山田りゅうこさん、1575円 >

まるで私が子どもになったような気分でぐぐっと読み進めることができ、比較的厚い本ですが、一気に読んでしまいました。

なんか、冒険心が戻ってきたというか、懐かしい感覚が戻ってきたというか。。。

子どもにも大人にもオススメです!

Photo

サステナブルデザイン国際会議0226-0227

サステナブルデザイン国際会議の御案内をいただきました。読んでみて、東北芸工大らしい企画だな~と。

その中で聞いてみたいと思ったのは、

「コミュニティをベースとしたソーシャル・イノベーション」
エツィオ・マンズィ二氏│ミラノ工科大学教授

どんなお話をされるのかな??

以下、御案内

────────────────────────────────────

■イベント情報:第5回サステナブルデザイン国際会議開催のお知らせ

────────────────────────────────────

 

来月の226日~27日に、第5回サステナブルデザイン国際会議が本学で開催され

ます。

本会議は、世界各国からの参加者を募り、環境問題や人々の考え方、暮らし方な

どの新しい価値観に基づいたサステナブルな社会づくりを目的として、2006年よ

り開催されてきました。今回5回目となる会議では、デザインが未来の地域社会

や環境にどのように関わり、可能性を開いていくのかという「ローカル・サステ

ナブル・コミュニティ」をテーマに掲げ、地域の潜在的な魅力を掘り起し、内に

秘めたエネルギーを役立てていくことで実現される地域の未来について共に考え

ていきます。

本会議詳細・申し込みにつきましてはウェブサイト(www.sustainabledesign.jp

をご覧ください。

 

【第5回サステナブルデザイン国際会議 開催概要】

 

■会 期:2011226日(土)【講演会】9:3018:00

     2011227日(日)【分科会】9:3018:00

 

■会 場:東北芸術工科大学

     (山形市上桜田3-4-5

     http://www.tuad.ac.jp/declaration/accessmap/

 

■参加費:26日・27日 各一般(10,000円),学生(5,000円)

 

■お申込み:下記URLにアクセスしていただき、「お申込みフォーム」より

      お申込みください。

 

■URL:http://www.sustainabledesign.jp

 

■主 催:サステナブルデザイン国際会議実行委員会

 

■共 催:サステナブルデザイン国際会議山形実行委員会

    (東北芸術工科大学、山形県、山形市)

 

■お問い合わせ先:

    サステナブルデザイン国際会議事務局

    〒105-0013東京都港区浜松町1228

    (有限責任事業組合エコデザイン研究所内)

     TEL03-6826-1511

     E-mailmail@sustainabledesign.jp

名称・電話・携帯が変わりました♪

新年の初仕事は、以前から検討していた「名称・電話・携帯」を変えたことです。

新しい年、新月の4日に実行です。

屋号を「地域社会デザイン・ラボ」にしました♪

今の私の仕事を表現できているのではないかな~と思っています。

Eメールは変わりませんので、ぜひ、メールいだければと思います。近況もお知らせいただけるとうれしいな~~。
(変更事項をすべてブログにアップするのはためらわれますので、すいません)

しゃきっと!きらっ!いこう!

新年あけましておめでとうございます♪

新年あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いします。

私の年末年始は、ほんとのんびりの休みでした。
夫と私の実家に帰り、料理を作ったり、洗い物をしたり、甥・姪とかまくらや雪だるまをつくったり・・・。

人生、家族、命をじっくり考える機会にもなりました。

さて、始動だ!

北欧のクリスマス市(食べ物&雑貨)in 秋保

梅田さんから季節の御案内が届きました。

< ピックヨウル~北欧のクリスマス市 >

かわいらしい絵葉書に思わずにっこり。
う~ん、参加したいけど、出張だ・・・。
ドライブを兼ねてぜひお出かけしてみてください~

12/4-5
秋保ゆめの森にて
入場無料

コンサートやマシュマロの焚き火
キャンドルワークショップなど

Hokuou

日本のものづくり product&craft design fair 仙台市内大町にて

リアルスタイルさんから、御案内をいただきました。

丁寧なものづくりの品を拝見すると
自分の生活を振り返ってしまいます。

生活も丁寧に過ごせているかな・・・と。

そういう意味では、手元に丁寧な逸品があると、ふと、購入した時の思いや
職人さんに思いをはせることができるから、気分が豊かになりますね。

そんな衝動買いならイイカモ!(笑)

Dento

展示会 winter garden 庭で見つけたモノ・紙 インスタレーション

keiko chibaさんから、御案内が届きました。
おじゃましてみようかな♪

keiko chiba solo exhibition2010
winter garden

12/1-12/9
ギャラリーsenbi 青葉区春日町3-9

Chibasan

盛岡市保護庭園・保存建物「南昌荘」でティータイム♪

盛岡市保護庭園・保存建物「南昌荘」で知人とティータイム。
現在は、いわて生活共同組合が所有・運営しています。

紅葉の盛りがすぎ、地面に落ちたもみじなどが真っ赤な絨毯を敷き詰めた様でした。
そんな風景をみながら、抹茶と上生菓子をいただきました。

こちらの建物は、カフェ・ティーサロンのほかにも市民活動や文化芸術活動でも活用されているようで、ちょうど隣は生け花の催事。別のお部屋は、手づくりの品の展示会でした。

仙台だったらこういう場所って、どこかな??
オススメがありましたら、ぜひ教えてくださいませ♪

Morioka

アートマネジメント学会で地中海料理に舌鼓!

アートマネジメント学会の研究会に参加しました。
この日は、東北文化学園大学の志賀野教授が講義。バルセロナの文化・経済・アートなどについてお話がありました。

特に印象的だったのは、政策・戦略としての街中カフェプロジェクト。
移民が多い都市であるということは、さまざまな違いを認めあい、共生していかないといけないですね。そんな中、異なる人々が出会い、知り合い、共生のきっかけを掴む場として「カフェ」が機能するということです。

たしかに、カフェは、全ての人に開かれているし、気軽だし、出会いもあります。

セレンディピティですね。

そんなカフェを多文化共生の政策として活用するなんていいですね!

12年前に出かけたバルセロナを思い出しながら、地中海料理・オードブルに舌鼓を打つのでした!

語尾を替えてみる

え~、これまでのブログでは、「~である」調で書いてきました。
これからは、「~です、ます」にしてみようかと思います。

受け止め方、感じ方など、何か変化を感じたかたはぜひコメントくださいませ~。

心境の変化より・・・