経済・政治・国際

地域経済を救う「エコノミックガーデニング」(書籍)とは

「地域経済のための新しい可能性」について書かれた、著者 山本尚史さん(国際教養大学国際教養学部准教授)にお目にかかりました。とてもソフトな語り口でお話をされながら、目はクール。じっくりとお話を聞いてみたいものだな~と思いました。

本の中の見出しで気になるものをピックアップすると
・地域経済コンシェルジュとは
・地域経済の将来を考える基盤としての「五輪塔モデル」
・米国でエコノミックガーデニングが注目されるのはなぜか
・地方自治体の能力と地域経済
・内発的発展論とローカルリーダー
・既存の地域開発方法とどう異なるのか

地域経済活性化や起業支援に関わる方も
この本の視点から自分の役割を確認するとかなり共通性もあることに気づくのではないでしょうか

私の頭の中は、まだ本の情報が混沌としていますが(笑)
これが定着するのを楽しみにしています

山本先生、仙台にいらっしゃるときはご連絡くださいませ~

エコノミックガーデニング
新建設新聞社
1890円

名称・電話・携帯が変わりました♪

新年の初仕事は、以前から検討していた「名称・電話・携帯」を変えたことです。

新しい年、新月の4日に実行です。

屋号を「地域社会デザイン・ラボ」にしました♪

今の私の仕事を表現できているのではないかな~と思っています。

Eメールは変わりませんので、ぜひ、メールいだければと思います。近況もお知らせいただけるとうれしいな~~。
(変更事項をすべてブログにアップするのはためらわれますので、すいません)

しゃきっと!きらっ!いこう!

新年あけましておめでとうございます♪

新年あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いします。

私の年末年始は、ほんとのんびりの休みでした。
夫と私の実家に帰り、料理を作ったり、洗い物をしたり、甥・姪とかまくらや雪だるまをつくったり・・・。

人生、家族、命をじっくり考える機会にもなりました。

さて、始動だ!

SR、ISO26000の勉強会を実施しました

今日は、SR、ISO26000の勉強会を実施しました。
東京からCSOネットワークの黒田さんを迎えて講演、交流。私は、総合コーディネーターとして、参加者をお迎えしました。
グループ交流の時間には、たくさんのご意見や考えがでていました。

なるほどと思ったのは
日本では、CSRやISO26000への企業の関心は一部だけれど、EUではCSRはさらにメインストリーム化しているとのこと。だからこそ、ISO26000への関心も高くなりつつあるそうです。組織、企業はどうあるべきか、どうありたいか。共通の関心事です。

できたばかりのISO26000。
これを道具として、組織がj人類が持続可能な事業をどう営むか。
さらにいろんな方と考えていきたいと思いました。

参考
持続可能な発展=sustainble development
将来の世代の人々が自らのニーズを満たす能力を損なうことなく
今日の世代のニーズを満たすような発展

12/11 農商工連携等促進人材創出事業 ネットワークづくりセミナー

セミナーの御案内を頂戴しました。各地域の現場の方が勢ぞろいします。
楽しみですね♪

以下、案内

「経済産業省 農商工連携等促進人材創出事業」ネットワークづくりセミナー
地域の元気を願う ネットワークの輪を広げよう!!

主催:NPO法人遠野山・里・暮らしネットワーク
後援:遠野市、東北経済産業局

会   場  あえりあ遠野 交流ホール「もみじ」
受付開始 13時30分

<開催趣旨>
近年、地域活性化において「農商工連携」がキーワードとなっています。
この度、当法人が平成20年度から3年継続で経済産業省の助成を受け東北6地域の「農商工連携人材育成」に向けて元気づくりの支援をしてきました。
最終年度にあたり、その地域の成果を発表していただき、これを機に、それぞれの地域の連携が深まることによって、さらなる地域の活性化につながることを期待するものです。
また、セミナーに参加するすべての人たちが、何らかの縁ができ、それぞれの地域の活性化につながることを目的にこのセミナーを開催します。

http://www.tonotv.com/members/yamasatonet/infomation.html

Toono

12/15 東北農商工連携伝道師ネットワークサミット 開催!

実践家、起業家のみなさんがそろう「東北農商工連携伝道師ネットワークサミット」の御案内を頂戴しました。熱い会合になりそうですね。


東北農商工連携伝道師ネットワークサミット開催のお知らせ

このたび、地域を巻き込みながら活発に農商工連携を実践される方々のネットワークを

「農商工連携伝道師人材バンク」として設立することとなりました。

その設立を記念し、東北農商工連携伝道師ネットワークサミットを開催いたします。

農商工連携伝道師の取組み内容の共有や、当日ご参加いただく伝道師の皆様との
交流会を予定しておりますので、皆様のご参加を是非お待ちしております。

                    記


日時・場所: 
  <第1部>農商工連携伝道師人材バンク設立記念パネルディスカッション
   平成221215日(水) 15301700  仙台国際センター;桜2
   [コーディネーター]  
     大滝 精一 氏
     (国立大学法人東北大学大学院経済学研究科教授
                    地域イノベーション研究センターセンター長)
   [パネリスト] 農商工連携伝道師
     NPO法人遠野山・里・暮らしネットワーク マネージャー  菊池 新一 氏
     株式会社舞台ファーム 代表取締役  針生 信夫 氏
     いわきいきいき食彩館委員会 委員長  松﨑 康弘 氏

 <第2部>全体交流会
   平成221215日(水) 17001830  仙台国際センター;レストラン ラ・フォーレ
     農商工連携伝道師との懇親を深める場として、立食パーティー形式での交流会を実施致します。
     各伝道師の農商工連携等に関する取組み紹介もあります(予定)。

 パネリスト以外でご参加予定の伝道師の方々は以下の通りです。
    是非交流しましょう!!
 株式会社一ノ蔵 代表取締役名誉会長  淺見 紀夫 氏
 有限会社ヒーロー 代表取締役社長  石ヶ森 信幸 氏
 有限会社伊豆沼農産 代表取締役  伊藤 秀雄 氏
 株式会社かほく・上品の郷 代表取締役  太田 実 氏
 NPO法人ゆうきの里東和ふるさとづくり協議会 特産担当理事  菅野 正寿 氏
 株式会社ウジエスーパー 取締役総務部長  吉田 芳弘 氏        
                                             他


参加費: 無料(第2部の全体交流会は3,000円となります)

お申込み: 以下のアドレスのチラシをご活用ください。
 http://www.prokatu.jp/images/top/dendoshi.summit.chirashi.pdf         
       (ご不明な点があれば、プロジェクト地域活性までご連絡ください)

主催: 経済産業省東北経済産業局(産業部産業振興課)
     宮城県仙台市青葉区本町三丁目31
     Tel022-221-4906
     Fax022-215-9463
   
お問い合わせ・お申込み:
     株式会社プロジェクト地域活性
     宮城県仙台市宮城野区榴岡2-2-11 パスコ仙台ビル7
     Tel022-205-3540 ax022-299-1420
     担当 竹岡 太田 小野寺

 募集!12/15 ISO26000とこれからの地域社会 勉強交流会~を開催します

CSR・SR・社会的責任などにご関心をお持ちの方にオススメです。私も当日はコーディネーターとしてホスト役を務めます。ぜひご参加ください♪

■□■---------------------

 1215日(水)『第10MELON環境市民講座

         <ISO26000>とこれからの地域社会

 ~組織の社会的責任(SR)を考える勉強交流会~』を開催します

-----------------------■□■

 http://www.melon.or.jp/melon/contents/Section/enter-enviro/10/101215/20101215ISO26000.pdf

ISO(国際標準化機構)で社会的責任規格(SRISO26000111日付けが発行されました。

ISO26000の特徴→

持続可能な発展への組織の貢献を促す

組織に法令順守を超える活動を奨励するなど

世界中のCSRの動きや最新の潮流れをすべて盛り込んだ集大成となる規格です!

この勉強会では、専門家をお招きし、ISO26000を学び、あらゆる組織に問われつつある「SR(社会的責任)」について、基本的な考え方や各組織で踏まえておきたい論点などを、交流しながら共に学びます。ご興味がある方は参加してみませんか?

【日 時】20101215日(水)14001630(受付開始13:30

【場 所】仙台市青年文化センター2階研修室2(仙台市青葉区旭ヶ丘3丁目27-5

     地下鉄 旭ヶ丘駅徒歩3

【対 象】CSRSRISO26000について関心がある方、組織

【定 員】45名(会員・一般合わせて)

【参加費】一般1500円 MELON会員500

【締 切】1213日(月)

【基調講演講師】CSOネットワーク協働事業責任者、ISO26000策定日本NGOエキスパート 黒田かをり氏

【コーディネーター】MELON理事、オオスデザインスタジオ プランナー・NPOアドバイザー 遠藤智栄氏 

【プログラム】

 1330  受付開始

 1400  講演 黒田かをり氏(CSOネットワーク協働事業責任者)

      ISO26000とは、そのプロセスと特徴

      SRに関連する最新動向 地球規模の動き・国内の動き

      「マルチ・ステークホルダー」で対話と実践を勧めるには

      交流と対話と質疑応答を交えながら進行します。(予定・若干変更になる場合があります)

 1630  閉会、終了

【参加申込み】MELON事務局まで氏名(ふりがな)・会社名/所属・電話番号・FAX番号・E-mailMELON会員or一般をご連絡ください。

TEL 022-276-5118 FAX 022-219-5713 

Email melon@miyagi.jpn.org

URL http://www.melon.or.jp/melon/contents/Section/enter-enviro/10/101215/20101215ISO26000.pdf

担当:すがた、こばやし

【主 催】財団法人みやぎ・環境とくらし・ネットワーク(MELON

981-0933仙台市青葉区柏木1-2-45フォレスト仙台5F

【後 援】宮城県、仙台市、社団法人東北ニュービジネス協議会

語尾を替えてみる

え~、これまでのブログでは、「~である」調で書いてきました。
これからは、「~です、ます」にしてみようかと思います。

受け止め方、感じ方など、何か変化を感じたかたはぜひコメントくださいませ~。

心境の変化より・・・

住民自治基盤形成検討会に参加

住民自治基盤形成検討会に出席。報告書の最終版に向け、意見を交換した。
古くて新しい「自治」。今の時代だからこそアクションを起こすべきポイントや時代背景がわかりやすくまとめられている。
編集担当の皆さん、ありがとうございます!
ある意味「あたり前」のことを、キチンと説明し、「知っている」から「やっている」状況に進めないといけないのは「自治」も同じ事。
製版がまちどうしい!

東北こんそのオープン研究会

27日は東北こんそのオープン研究会。国の政策をうかがう。

貴重な機会なのでぜひどうぞ。私は受け付けか会場でお待ちしております♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東北こんそからオープン研究会の開催につきまして案内いたします。
3月に内閣府、総務省、国交省の方をお招きしまして、政府のコミュニティ政策の動向について勉強会を開催しました。
テーマを引き続きまして、経産省、厚労省、農水省より講師を招きまして、第3回目となるオープン研究会を開催いたします。
暑さ厳しい折ですが、ご参集の程よろしくお願いいたします。
なお、申し込みの際は、参加される「氏名、所属」について人数分記入の上、返信くださいますようお願いします。

■テーマ:「政府によるコミュニティ支援とこれからの動向」

■開催日時: 平成22年8月27日(金) 14:00~17:00

■場 所 : エルソーラ仙台 大研修室

  〒980-6128 仙台市青葉区中央1丁目3-1 アエル 28階
   TEL.022-268-8041
    http://www.sendai-l.jp/whats_ls/

■次 第:

 14:00 開会、主旨説明

 14:10 情報提供 (報告30分、質疑応答10分)

 経済産業省地域経済産業グループ立地環境整備課 伊臣達夫課長補佐
 厚生労働省社会・援護局地域福祉課 山本課長補佐 
 農林水産省農村振興局 農村政策部 都市農村交流課 亀谷充課長補佐

 16:00 パネルディスカッション、質疑応答

 17:00 閉会